補助金・助成金とは、国や地方自治体、財団からの中小企業などに対して支援している『原則、返済不要 の資金』のことです。
この制度は企業経営者にとって大変ありがたいものですが、条件の厳しさと義務、申請手続きなど、企業 にとって必ずしも簡単に利用できるものではありません。
CHAMBER WEBでは補助金・助成金について、情報を紹介しています。 企業の経営課題解決の一助としてこれら補助金・助成金制度をぜひご活用ください。

※本サービスは、CHAMBER MEDIA株式会社の責任のもとで運営するものであり、 日本商工会議所、各地商工会議所が実施・関与するものではありません。

補助金・助成金は大別すると2つに分類されます。

(1)経済産業省・中小企業庁系(技術・研究開発)補助金・助成金

研究開発や新規創業・新分野進出、または商店街や地域など、地域産業の発展のための整備・活性化を支援するもので、 事業の創造性や新規性などを判断して支給する企業を決定し、技術開発や研究開発、試作などに要する費用を対象に支給されます。

(2)厚生労働省系(人材、雇用環境の整備など)補助金・助成金

主に「人材」に関わるもので、人件費や能力開発に要した費用などを対象に支給されます。