サイトTOP > 注文住宅メーカー比較 > タマホームの価格

タマホームの価格

「安い」の代名詞のタマホーム。ローコスト住宅の歴史はタマから始まったと
言っても過言ではない?価格を中心に口コミ評判を見てみましょう。

タマホームの価格・目安

独自の坪単価計算法で、さらに安くなっている?

タマホームと言えば、ハウスメーカー業界最安値と言える“坪単価25.8万円”の家が有名です。
どこのハウスメーカーでも坪単価平均は50~70万程度(大手なら80万前後程度)でしょうが、20万代と
言うと、ものすごい安さです。
ただ、タマホームでは独自の坪単価計算法が適用されていて、延床面積を計算する際に
「施工床面積」というオリジナルの言葉を用いています。タマホームの「施工床面積」では、
本来「延床面積」では含まれないロフトやバルコニー、吹抜け、ポーチなどまで床面積として
カウントされるというもので、一般的な計算で測る延床面積よりも面積が大きくなり、
延床面積で割る坪単価よりも安く見せることができるんです。
さらに、付帯工事費や設計、施工管理、保証にかかる費用なども入っていません
ので、タマホームの本来の坪単価はもう少し上がって、40万前後~はかかる
でしょう。しかし、それでもかなり安いですよね~。

タマホームの価格に関する口コミ・評判

安いけど、その分自分で勉強する努力が必要!

私は実際にタマホームで建てた者ですが、タマホームは、自分の住みやすい家を出来るだけローコストで建てたい!と思う人におすすめです。
タマホームでは営業マンの一挙手一投足がマニュアル化されているので、一人の営業マンが大量の家を売りさばくことができるようになっています。 それにより人件費が大幅カットされているので、そのぶん家も安くなります。
しかし同時に、打ち合わせに設計士やデザイナーは一切同席せず、タマホームの営業マンとだけ(しかもマニュアル通りの)打ち合わせすることになります。営業マンは基本的に売ることが仕事なので、こちらがどれだけ夢を語っても返ってきません(笑)なので、タマホームで家を建てるなら、自分で家の事を相当勉強し、自分が納得するまで営業マンに付き合って貰うしか方法はありませんね。でも、努力をすれば安くでちゃんと良い家になる可能性はあります。

タマの仕様は、値段の割には良いですよ

タマホームの仕様は、値段の割には良いですよ。タマホームの仕様を熟知しているお客様目線の熟練の営業マンにあたることが出来れば、タマでも満足いく家が建てられると思います。
例えば私の家では床のコーティング(タマUV)を付けたんですが これが正解でした。
メンテナンスがかなりラクで、きれいな光沢を保てています。タマの標準の床はワックスフリーなんですが、長くきれいに保つには結局ワックスを塗るしかないでしょうね。

終始現実的な予算で話合いが進められた

タマホームはモデルハウスが標準仕様なので、面白みはなかったが、具体的なイメージは一番わきやすかった。 他のハウスメーカーのモデルハウスはオプション満載で、坪単価100万くらいするような超高級住宅ばかり。夢は膨らむが、現実的な参考にはならないので。
我が家ではとにかくムダなコストを抑えて安く建てたかったので、タマホームでは最初から最後まで、予算面で現実的な話合いができた点がよかった。
ただ、担当営業からは内装などに対するアドバイスは一切なかったので、こちら側でやりたいことや大事にしたいことをしっかり決めておかないと、本当につまらない家になってしまうから、そこだけは注意したほうがいい。

ローコスト戦国時代、タマホームだけに絞るのはまだ早い!?

以前は安い家と言えばタマホームのイメージが強かったですが、最近はタマ以外もアイフルホームやアエラホーム、アキュラホームとかでもローコストで家は建てられるので、知名度で飛びつかずに、じっくり見積もりやプランも比較検討して依頼する会社を決めるべきと思います。 そもそもタマホームで建てるなら、外観のデザインにはそれほどこだわらない人だと思うので、それなら工務店なども検討したほうがもっと安く建つ可能性もあるよ。
一流メーカーで建てるような洒落た家にはならないだろうけど、タマレベルで良いなら工務店でもそれなりの家が建つでしょう。

世帯年収500万、憧れのマイホームを持てた!

家を買うのは高いと思って覚悟していたけれど、タマホームでは1000万台でも家が建てられ、30代夫婦+子供1人(保育園児)、世帯年収500万程度の我が家でもマイホームが持てました。
当初の希望通り、家事動線を考慮した家になって住みやすく、冬でも暖かくて快適です。
少し窓の結露が気になるくらいで、今のところとても満足できています。オプションを付けていくとびっくりするくらい値段が上がってしまいますが、標準仕様でも十分良いので、うちは必要最低限のオプションで済みました。

タマホームの価格を元プロの目で分析!

タマホームの超ローコスト住宅として話題を呼んだのが、「500万円台で実現する新築一戸建て・大安心の家」です。なんとこちら、価格が税込545万円!…おお~、と思わず唸ってしまいますが、よくよく確認すると、この価格は建物本体価格なんですね。
タマホームのサイトを見ると、「本体工事価格は、地盤 調査、仮設費用、屋外立水栓工事、屋外給排水工事、雨水排水工事、下水道接続工事(建築地域により合併処理浄化槽となります)、屋外電気配線工事、地盤補強工事(地盤調査結果により)、土地購入関連費用、門塀工事、家具・電化製品、その他諸費用等は含まれていません。」とありますので、実際に住むためには数百万上乗せされて、最低でも800万円台にはなるでしょう。さらにこれは規格そのままの場合ですから、当然オプションをいろいろつけることや、間取りのことも考えると、やはり1000万以上にはなるんじゃないでしょうか。
とはいえ、ローコストには変わりませんし、オール電化やシステムキッチンなど主婦の方にも嬉しい標準設備や、外壁材や床仕上げ材なども、標準仕様に悪くないものを使っています。オプションをたくさんつける予定だったり、家に対して様々なこだわりがあまりないのであれば、“安くて満足できる”がかなうハウスメーカーに違いないでしょう。

総合ランキング

▲ページトップへ

Copyright (c) 2011 注文住宅・ハウスメーカー口コミ&評判まとめサイト All Rights Reserved.