ホーム > 売上アップ > 販売手法/販路を多様化したい
- 売上アップ -
販売手法/販路を多様化したい

電子商取引(インターネットショッピングなど)をはじめ、インターネットの普及により、中小企業の販路は実に多様化しています。問屋まかせの旧態依然とした販売手法では、いまや生き残っていけないのです。ユーザー層に合わせた販路の開拓、商品イメージに合わせた販売手法が求められています。



IT活用/EC

成功している小売業の中には、「インターネットビジネス」を展開しているところが多いかと思います。これは店舗での実績による豊富なデータベースを優位に活用し、戦略的には店舗と全く切り離した形で発展していっています。店舗、インターネット、カタログ通販など、多様な販路による相乗効果を活用していくことが大切と言えます。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
オークションおよびショッピングサイト「ビッダーズ」を運営
ECモール「楽天市場」を運営
アウトソーシング

いくら新しい販路の開拓を行おうと考えていても、営業部門自体が事実上存在しないような下請け型の会社も多いでしょう。このような場合は、営業活動自体を外部へと委託してしまうアウトソーシングを検討する価値があります。単に営業を代行してくれるだけでなく、営業戦略を立てたり、手法を開発するサービスもあります。また、商品を総合的に扱う会社や、業界に特化した会社もありますので、何をどこまで代行してもらうのか良く検討し、依頼する必要があります。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
企業の営業販売活動の、戦略決定から受注や決済、アフターサポートまでの一連のプロセスを支援
お客様の営業活動にあったカタチでの外部人材の有効活用方法をご提案
企業が 抱える営業上の課題解決へ向けた幅広いサービスを提供