ホーム > 経費・コスト削減 > 管理業務を効率化したい
- 経費・コスト削減 -
管理業務を効率化したい

管理業務の効率化のためには外注の活用とIT化が不可欠です。そのためには以下の点について見直し・検討する必要があります。 ・現在の業務プロセス ・組織体制 ・業務システム 業務プロセスを改善することで業務効率を上げることができますが、見直す過程で、外注しても差し支えない部分は積極的に外注業者を利用することを検討します。また、組織を見直し、業務システムの導入を検討していきます。



アウトソーシング

給与、請求、契約書管理あるいは不動産管理などといったバックオフィス的な業務は代行会社などに外注することができます。企業はアウトソーサーとより緊密な関係を構築し、バックオフィス的業務の資産を持たない、またはアウトソーサーと持ち合う経営に移行することで、顧客に提供する製品やサービスのレベルを落とすことなく、人的資源の最適な配置やコスト抑制を実現することができます。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
社宅業務のフルアウトソースが可能
人事、経理業務のアウトソーシングサービスを提供
給与計算に関わる様々な事務作業を広範囲にカバーアウトソーシングサービス
IT化

業務の中には、システム化することで効率化が図れるものがあります。例えば、タイムカードは勤怠管理システムを導入すると、システムで社員番号を押し、出社・退社ボタンを押すことでその時間を記録し、給与計算をするなど、事務処理を省くことができます。システム化には、どの業務を、どのようなシステムを使って効率化するか検討する必要があります。市販されているパッケージソフトで対応できる場合もあれば、自社専用に構築するケースもありますので、システム会社に相談されると良いでしょう。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
弥生NEシリーズを開発・販売
勘定奉行シリーズを開発・販売