ホーム > 経営・事業計画 > 創業・開業したい
- 経営・事業計画 -
創業・開業したい

事業を始めるには、会社組織にするか、個人事業として始めるかなどの形態を決め、会社組織にする場合には、会社設立を経て事業を開始します。平成18年5月に会社法が改正され、会社設立のハードルは低くなっています。まずは、事業計画を作成し、手持ち資金、事業の内容を勘案して形態を決定します。



専門家活用

まずは事業計画を作成し、事業の展望や実現可能性は精度が高いものかどうか、やりたい事業にどれだけの資金が必要なのかなどを見極める必要があります。また、この事業計画は、銀行や国民生活金融公庫などに融資を依頼する際の説明材料ともなりますから、大変重要な意味を持ちます。作成に際しては、税理士や公認会計士、商工会議所などが支援を行っています。また、実際の会社設立に際して、登記又は供託に関する手続についての代理は司法書士に、官公庁へ提出する書類の作成、手続き代行は行政書士に依頼することができます。起業の準備段階から専門家を上手に活用することをおすすめします。