ホーム > 経営・事業計画 > 自治体と取引したい
- 経営・事業計画 -
自治体と取引したい

最近では、行政も行政サービスの向上や行政業務の効率向上を目指して、民間事業者への業務委託や業務のシステム化を積極的に行っています。特に、取引の公平性・透明性・効率性などの観点から電子入札の取り組みが広がっています。



電子入札

インターネットから入札を行うなど「電子自治体」とのビジネスに対応するためには、本人性の確認や非改ざん性の確認のために、ネット上の実印ともいえる電子証明書が必要です。 電子証明書は、電子署名法という法律に基づき、総務・法務・経済産業3大臣から認定を受けた「認証局」へ申請し、発行を受けるものです。専門の証明書発行サービス会社や政府、企業などがこの「認証局」を運営しており、日本商工会議所でも『ビジネス認証サービス』として電子証明書発行事業を行い、「電子入札コアシステム対応電子証明書」「一般行政手続用電子証明書」「行政書士用電子証明書」としてさまざまなビジネスをサポートしているほか、それらの活用を支援する民間企業も増えています。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
「法務省電子認証制度版 商業法人電子証明書 利用者ソフトウェア」
電子申告、申請、入札などにも使える多機能電子証明書を発行
ビジネス認証サービス(電子証明書発行サービス)を提供