ホーム > 国際化・海外進出 > 海外に営業拠点を進出させたい
- 国際化・海外進出 -
海外に営業拠点を進出させたい

海外拠点を設置する際には、充分な現地調査が必要になります。特に、国内に設置する場合と違い、現地の商慣習、会計、法律などを確認しておかないと、後にトラブルになる可能性があります。進出に際しては、拠点設置にかかる課題だけでなく、営業開始後の課題を想定し、あわせて検討する必要があります。



専門家活用

海外進出に際しては、現地の経済・商慣習・会計・法律などを調査し、進出の形態を検討する必要があります。現地情報については、銀行やコンサルティング会社、日本貿易振興機構(JETRO)や商工会議所などが情報提供や支援業務を行っています。現地語で書かれた会計・法律文書を理解するには相当な語学力と知識を要しますので、これらに精通し、成功・失敗事例を熟知している専門家の活用をおすすめします。また、進出の方法には、現地での法人設立、資本参加やM&A、合弁会社の設立などがあり、先述の情報を総合的に検討し、決定する必要があります。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
外進出を予定しているお客さまをサポートします
コンサルティングをはじめ、調査研究、研修・人材育成および経営情報提供・相談などの 広範な活動を実施
海外進出で必要とされる情報の提供、留意点の確認から進出の 形態、F/S作りまで必要となるコンサルティングを行います