ホーム > 資金・税金 > 資産の流動化による資金調達
- 資金・税金 -
資産の流動化による資金調達

資産の流動化とは、資産を証券化して投資家に販売することで資金調達を行う方法です。従来の企業自体の信用力を背景に調達する方法に比べ、企業が保有する資産の信用力に基づいているため、より有利な資金調達を行うことが可能となっており、「第三の資金調達方法」として注目を集めています。



専門家活用

資産流動化の基本的な仕組みは、企業(オリジネーター)が保有する資産を、特別目的会社(SPC)などの受け皿機関(SPV)に分離譲渡し、その資産を投資家に対して販売するというものです。資産の流動化による資金調達の方法は、それぞれの企業の状況などによっても変わり、資金調達の仕組み自体も多岐に渡るため、信託銀行や投資ファンド、金融機関などの専門家と相談する必要があります。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
本社ビルや店舗等の流動化を前提としたセール&リースバック等の実績。
三菱UFJ信託銀行のノウハウを駆使し、お客さまの資金調達多様化のニーズにお応えします。
信託機能をフル活用した効率的かつ安定的なスキームをオーダーメイドで開発し、提案。