ホーム > 資金・税金 > 代金回収を改善したい
- 資金・税金 -
代金回収を改善したい

取引先における代金の回収が遅れるということは、すなわち資金繰りの悪化を意味します。さらに取引先の倒産ともなれば、連鎖倒産も免れません。これらを防ぐ代金回収のポイントは入り口の与信管理と出口の代金回収の方法を確実なものにすることです。



与信管理

まずは、取引前に「お取引先登録票」といった用紙を用意し、取引先に記入して提出してもらうと、最低限の信用情報を確保でき、しっかり管理していることをアピールできます。また、不審に思う点などがあれば、信用調査会社を利用し詳細な情報を得て検討することが肝要です。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
企業情報のプロとしてお客さまのビジネスを支えます。
信用調査、与信管理、 倒産情報はTSRにお任せください。
代金回収アウトソーシング

入金管理を徹底し、少しでも遅れたらすぐに営業担当者が催促・確認の電話をするなど、入金管理体制を確立する必要があります。自社で管理するだけでなく、他にも、銀行やリース会社などには、「代金回収の代行システム」を設けているところがあります。集金事務の手間が省けるうえ、資金繰りが安定し、経営の合理化が図れます。なによりスピードアップが図れるのが利点です。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
一括ファクタリング方式と併存的債務引受方式の2方式をご用意。
早期資金化、資産スリム化を実現
受取手形や売掛金の支払保証や買取を行うとともに、支払手形を廃止し、事務効率化や経費削減など、貴社のニーズにお応えします。