ホーム > 人材・社員・経営者 > 雇用調整を行いたい
- 人材・社員・経営者 -
雇用調整を行いたい

まずは、現在の人員数や人件費が妥当なものかどうかを検討するために、適正人員や適正人件費を割り出す必要があります。経営ビジョンや経営計画を達成するためにはどのような能力を持った人材が何人必要か、さらに将来の人員構成はどのように推移していくかといった大局的な視点が求められます。将来の市場を睨んであるべき姿を描き、雇用調整によって最適人員体制を構築するという“攻めの雇用調整”を行うこと。こうした姿勢が、企業の競争力を大きく左右することになります。



アウトソーシング

適正人員・人件費を割り出すには、事業内容から業務量を分析し、必要な人数を探ります。また、人件費は人件費控除前の損益を計算した上で人件費規模の上限を導き出し、その額によって適正人員を算定します。適正人員が把握できると、整理解雇をするケースも出てきます。ただし、これは経営が成り立たなくなるギリギリの線で選ぶべき最後の手段であることはご承知の通りです。安易な整理解雇には絶対に踏み切らず、十分に検討を重ねる必要があります。 また、コンサルタントやアウトプレースメント(再就職支援)会社に相談し、整理解雇にともなうリスクや法的な問題、対応すべき業務などについて情報を集めておくのも有効な手段です。そしてやむを得ず整理解雇を決断する時は、アウトプレースメント会社の再就職支援サービスを利用して、対象となる社員のフォローをしておくことが社員・会社にとって良い方法と言えるでしょう。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
最適な職場へ、最短で再就職をめざすプログラムとバックアップ体制を用意。
再就職支援サービス(セットエス)
オリジナルメソッドCORPASで組織・人事の課題を抽出。組織力・個人力の強化をサポート