ホーム > 人材・社員・経営者 > 人材を育成したい
- 人材・社員・経営者 -
人材を育成したい

人材教育は、対象とする社員や求める能力などによって教育内容は異なります。たとえば新入社員には、社会人としての心構えやビジネスマナーなど基本的な内容、対象が若手社員から中堅社員になると、部門別の専門知識修得など、実践的スキルを身に付ける内容が考えられます。 どの社員層にどのような能力を求めるのかを明確にし、適切な教育方法を用意する必要があります。



研修

研修は、営業や事務などの職能別研修や、新人や初級管理者向けなど階層別研修、思考力強化などの目的別研修など様々に設定することができます。自社の現状の課題、求める人材像と現状の乖離を検討し、自社にあった研修を行う必要があります。また、講師や研修ツールの都合がつかないなど、自社で実施が困難な場合は、研修会社やコンサル会社が実施している研修に参加したり、自社にあう研修内容を考え、実施してもらうことも可能です。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
社員一人ひとりの能力をアップさせ、企業の成長を促進する教育を実現
各種研修を提供
社長以下全社員を対象として分野別に各種実務研究会を企画、開催
制度改革

人材を育成するには、日々の業務の中で何を習得させるか、また入社3年目までには何を、5年目までには何を習得させるかなど目標を設定し、業務を通じて計画的に育成していけるよう、制度やプランを整えることも重要です。基本に制度やプランがあり、業務では得られない知識やスキルを研修で補うなど、トータルな人材育成の方針を決定しておく必要があります。これらについては、人事制度や組織に特化したコンサルティング会社などが専門に扱っています。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
経営理念・経営戦略の実現を目的に、人事改革を提案する「コンサルティングサービス」
「意識と行動の改革」さらに「組織と制度の改革」「次代人材の発掘と育成」を通じて、貴社の意思決定と戦略企画構築をサポート
企業と人材のアセスメントをベースとした企業の持続的成長に向けたコンサルティング