ホーム > IT化・情報化 > 社内外の情報収集/共有を効率的に行いたい
- IT化・情報化 -
社内外の情報収集/共有を効率的に行いたい

情報収集・共有を効率的に行うためには、どのような情報を何のために収集・共有し、どのように活用したいのかが明確になっている必要があります。情報の種類には社外からのマーケットや統計情報、社内の営業実績、日常の業務に必要な入出庫や在庫情報など、様々です。情報の種類や活用方法により、対応方法が変わります。



業務改善

情報収集/共有が上手くできていない場合には、いくつかの改善策がありますが、まずは業務の流れの見直しを行ってください。定期的なミーティングや文書による報告が行われていない場合には、誰が、いつ、誰に、何を、どうやって報告するのか、業務ルールを設定することが重要です。情報収集/共有の基本はIT化ではなく、口頭や書類提出です。業務構築のコンサルティング会社などに相談し、体制と仕組みを再構築することが有効です。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
お客様に最適なITサービスをトータルにご提供し、業務課題の解決をお手伝いします
IT関連機器の販売及びサービス&サポート
システムインテグレーション事業/コンピュータ、複写機、通信機器、ソフトウェアの販売および受託ソフトの開発等
システム導入

社内外でPCやLANが完備されている場合は、グループウェアの導入もおすすめです。グループウェアとは、部署や会社といったグループで情報共有やコミュニケーションの効率化を支援するソフトです。自社の課題や目的にあわせ、情報共有だけでなく業務支援システムと併せてシステム構築する方法もありますので、必要とするシステムを十分検討することが必要です。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
お客様に最適なITサービスをトータルにご提供し、業務課題の解決をお手伝いします
システムインテグレーション事業/コンピュータ、複写機、通信機器、ソフトウェアの販売および受託ソフトの開発等