住宅金利の注意点

新着情報
住宅金利の注意点
マイホームを購入される方のほとんどは、ローンで購入される方が多いと思います。 住宅ローンの金利には固定金利型と、変動金利型の二種類ありそれぞれ長所・短所があるため、 是非検討を重ねた上で決定していただければとおもいます。住宅ローン選びの1つ目のポイントは、金利タイプ選びですね。とにかく低い金利を目指すなら「変動金利型」、ずっと金利が変わらない安心感を求めるなら「固定金利型」がいいですが、ではどちらがいいのでしょうか? 当サイトでは今なら「変動金利型」をオススメします。当初、金利の支払いを抑えることができれば、その分、繰上げ返済を進めることで、元本返済を大きく進めることができます。 今後の金利の見通しについては後述しますが、金利が上がれば固定金利型に変更できるのも、変動金利型のメリットですね。とは言え金利上昇リスクに対して「丸腰」なのは心配、という気持ちもよく分かります。その場合は固定金利と変動金利を組み合わせるミックス金利はどうでしょうか?これであれば、金利を低く抑えながら、金利上昇リスクに対応することもできますね。
住宅金利-固定金利

固定金利

借入時点で,将来の金利水準を定めてしまうことをいいます。 契約時に金利3%で契約した場合は3%でローンを完済する事になります。 また固定金利選択型は、「2年固定金利1.0%」というものもあり、 借入当初2年間は年間1.0%の金利ですが、2年を過ぎると変動金利に変更になるものもあります。 総支払額を確定させたい方・ローンが収支ぎりぎりの方・金利上昇のリスクが不安な方などは 固定金利をおすすめします。

住宅金利-変動金利

変動金利

住宅ローンを借り入れた段階では将来の金利は決まらず、利払いの時点で支払利息額が決定される 住宅ローンのことをいいます。日本では、変動金利の計算基準となる金利(住宅ローンの場合には、 一般に短期プライムレートが用いられます)が定められています。 変動金利の住宅ローンの場合には、支払いの都度、 この短期プライムレートに一定の金利を上乗せした金利により、 銀行に支払う利息額が決められるます。 借入期間が短い方・将来の金利上昇幅が小さいと思う方は変動金利をおすすめします。

結局どちらの金利がいいのか

現在の2011年で選択するなら変動金利です。 短期的な理由としては世界的な景気低迷、震災の影響も色濃く残る日本の現状では、すぐに金利が上がる可能性は低いでしょう。金利の上昇により景気が悪化する為です。また中長期的にみても少子高齢化により景気が回復しにくい状況になっています。

ご意見・ご感想

会社案内.comを利用してあればいいなと思う機能や、ご意見、ご感想などをお聞かせください。