あいこ皮フ科クリニック

肝斑専門クリニックとしても有名
あいこ皮フ科クリニックは、治療だけでは美肌にはなれないと断言。セルフケアだけでは限界があるときもありますが、それでも1割がクリニックで行う治療、9割が患者の努力(スキンケア)にかかっていると院長は考えています。そのため、「スキンケアの医療バージョン」をコンセプトとし、連日、患者の治療に専念。シミ・そばかす・ほくろ・ニキビなど診療メニューはさまざま。なかでも「肝斑」に重点を置き、美容医療サービスを提供しています。
あいこ皮フ科クリニック HP画像
こんなお悩みの方へ
シミシワたるみニキビニキビ跡美白そばかす赤ら顔毛穴開き
使用機器:
フォトブライト(ライムライト),アキュチップ
診療時間
10:00~19:00(月・火・木・金),10:00~17:00(土)
休診日
水曜,日曜,祝祭日
料金
3,000円(税抜)~
住所
〒600-8005 京都府京都市下京区四条富小路西入る立売東町14 イシズミ本社ビル5F
アクセス
四条駅
京都市営地下鉄 四条駅 徒歩8分

スキンケア重視の美容医療を提供
あいこ皮フ科クリニックでは、治療と並行してスキンケア(セルフケア)に取り組むことを提唱。患者には「治療」ではなく、「スキンケア」や「メンテナンス」の延長と捉えてほしいと院長は述べています。クリニックに行ってまた治せばいいという他力本願な姿勢ではなく、自ら積極的にスキンケアに取り組むように啓発。「スキンケアの医療バージョン」を提供するクリニックとして、患者に最適な治療プランを提案、「美肌」へと導きます。
「肝斑専門クリニック」としても人気
あいこ皮フ科クリニックは、20ちかくの症状に対して「効果的な治療法」を取り揃えています。なかでも、肝斑には重点を置き、京都では「肝斑専門クリニック」としても大人気。ホームページでは、肝斑の基礎知識や肝斑治療を検討している患者に向けてのメッセージが公開されており、「肝斑専門クリニック」としての機能を果たしています。
仕事帰りやショッピングのついでに「キレイ磨き」
クリニックまでは京都市営地下鉄四条駅、阪急京都線烏丸駅から徒歩10分で到着!利便性高い場所に位置しており、買い物や仕事帰りに「キレイ磨き」ができちゃいます。京都の中心地でキレイになった後は、京スイーツを楽しむのもアリ!?日曜日は休診日ですが、土曜日は17時まで診療しているため、オフに立ち寄ってみるのも良いかもしれませんね。

あいこ皮フ科クリニック あいこ皮フ科クリニック

比較的新しい病院なので、院内はキレイでした!
友人にすすめられて、あいこ皮フ科クリニックを中心。帰りには四条でお買い物もできるし、と楽観的な考えで通い出しました。クリニックには靴を脱いであがりますが、院内はとてもキレイで、まだ新しいのかなとすぐに分かるほどです。お肌に関わる場所ですから、やっぱり治療を受ける環境は整えておいてほしいですよね。先生やスタッフさんの対応もよく、最後まで安心してお任せすることができました。
テキパキしている先生ですが、頼れる姉御って感じでした
テキパキしている先生だったので、もしかしたら患者によっては「きつさ」を感じる人がいるのかも?でも、だらだら説明されるよりも、ポイントがしっかりとまとめられていて、すぐに施術内容やアフターケアについても理解することができました。「女性医師」というのは、クリニックを選ぶうえでポイントになりました。
仕事熱心な方が多い印象を受けました
何度か治療のため通わせていただきましたが、混雑していない時間帯でも、掃除をしたり、雑誌を整理したりと、仕事熱心なスタッフが多い印象を受けました。先生も、テキパキと施術をこなされていたので一切不安になることもなく、無事に治療を終えられました。自分磨きに来られる方はどちらかといえば向上心が高い方。そう思うと、仕事熱心な先生やスタッフがいるクリニックに通えるのは幸せなことですよね♪
みんな、優しい!!
以前通っていたクリニックは雰囲気が悪く、スタッフ同士の言い合いも度々見かけました。せっかくリフレッシュも兼ねてきているのに!と思うことが多く、こちらのクリニックに転院。あいこ皮フ科クリニックは清潔感あるクリニックで、スタッフの皆さんが一生懸命対応してくださるので、思い切って病院を変えてみて良かったと思いました。今回はフォトフェイシャルを受けましたが、次回はかんぱんも治してみようと思います♪