高知で生まれ全国に広がった「よさこい祭り」
このお祭りは、全国的な不況の中、戦後の荒廃した市民生活が落ち着きを見せ始めた昭和29年8月に発足しました。
不況を吹き飛ばし、市民の健康と繁栄を祈願し、併せて夏枯れの商店街振興を促すために高知商工会議所が中心となり始めたものです。
今回の特集は、この活気にあふれている高知市の「よさこい祭り」をご紹介いたします。

高知市の概況

(画像クリックで拡大)

◇ 人口   :341,778人
◇ 世帯数 :157,217世帯
◇ 面積   :309.22k
(2008年6月1日 国税調査/住民基本台帳より




高知市は四国の中南部に位置する高知県の県庁所在地で、国から中核市に指定されています。高知県中部の中心都市であると同時に、四国太平洋側の中心都市でもあります。また、県内最大の商業地を持つと同時に、県内の人口の40%を占めるプライメイトシティ(一極集中型都市)でもあります。国内では、酒類の消費量が多い都市の一つで、「カツオのたたき」と「よさこい鳴子踊り」が高知市の名物です。
明治22年の市政施行時、面積わずか2.8k屬らスタートした高知市は周辺市町村との合併を重ね、市域を拡大し、現在では309.22k屬量明僂鮖つ大きな都市になりました。
よさこい祭り

自由の気風を持つよさこい祭り

高知で生まれ、全国に広がりました。よさこい祭り。 本家よさこい祭りは観客を飽きさせません。
よさこい祭りは毎年8月9日(前夜祭)、10日11日の本番、12日(全国大会・後夜祭)、13日(花火大会)の5日間開催、特に10日・11日は高知市内15ヵ所の競演場・演舞場で約190団体、約2万人の踊り子が工夫を凝らし、地方車には華やかな飾り付けがなされ市内を乱舞する土佐のカーニバルです。
サンバ調、ロック調、古典の踊りと、各団体独自の踊りがそれぞれ振り付けされて、観客を飽きさせないあでやかな踊りで練り歩きます。

よさこい祭りの誕生
1950年3月
南国博開催
芸能館においてお座敷踊りから脱皮した「新しいよさこい踊り」を披露
1953年4月13日

入交太兵衛氏 常議員会にて
「商店街に顧客を呼び込ような、人が集まってくる何かをしよう」と発言

1954年4月
***会議所と高知市の共催で永続性のあるお祭り
           「よさこい祭り」を8月に開催することを決定***
(降水確率の一番低い8月10日、11日に決定)
1954年6月25日
会議所観光部会の濱口八郎氏 
作曲家 武政英策氏に歌詞・曲を依頼
1954年7月
よさこい祭振興会発足
1954年7月15日
歌と踊りを発表
1954年8月10日
市内特設舞台7ヶ所で披露、街頭流し (中種−帯屋町−大橋通り−市営競輪場)
1954年8月11日
市内特設舞台7ヶ所で披露、審査発表
第55回よさこい祭りのスケジュール
  • ◆8月9日(前夜祭) 18:30〜22:00
    • 中央公園特設ステージで前年度受賞チームが踊りを披露します。
  • ◆8月10日・11日(本番)11:00〜22:00 (会場により開催時間が異なります)
    • 【市内全15会場で演舞】
    • ・追手筋本部競演場/有料桟敷席を設け、主会場として盛り上がる
    • ・帯屋町筋演舞場/アーケード街の中心商店街・帯屋町が会場
    • ・中央公園競演場/帯屋町南側にある中央公園が会場
    • ・京町演舞場/はりまや橋に一番近い商店街
    • ・はりまや橋演舞場/木造のアーケードあるユニークな商店街が会場
    • ・梅ノ辻競演場/はりまや橋を南に進み橋を渡った商店街が会場
    • ・菜園場競演場/はりまや橋から東にある菜園場が会場
    • ・知寄町競演場/菜園場の通りからさらに東にある会場
    • ・愛宕競演場/追手筋から北にある会場
    • ・秦演舞場/JR高知駅の北にあるイオン高知会場
    • ・万々競演場/追手筋から北西にある会場
    • ・升形競演場/県庁西にある会場
    • ・上町競演場/県庁から西、国道33号沿いにある会場
    • ・旭演舞場/旭町にある高知サティ前が会場
    • ・柳町演舞場/帯町商店街の北の通り柳町が会場(11日のみ)
  • ◆8月12日(全国大会) 13:30〜21:30
    • 本部追手筋競演場、中央公園、帯屋町商店街、高知城の4ヶ所で本祭受賞チームと県外エントリーチームによる演舞
  • ◆8月12日(後夜祭) 18:30〜22:00
    • 中央公園特設ステージにて本祭受賞チームによる演舞

第54回よさこい祭り本番受賞チーム
  • ◆チケット販売
    • 追手筋本部競演場では有料です。
      6月30日よりチケットぴあやコンビニ各店にて予約席販売をいたします。
    • ・予約席指定席 1,800円
      ・自由席 1,300円
      ・当日券 1,300円
  • ◆ベスト見学ポイント
    • 追手筋本部競演場の桟敷席がまずはベスト、但し有料席となります。
      アーケードが続く広い帯屋町筋演舞場、中央公園競演場もおすすめです。
    ◆よさこい祭りの裏技
    • よさこい祭りは高知の各テレビ局が期間中、中継や録画で放送しますので、見逃した有名連などをテレビ観戦するのもまた楽しいです。
地域への効果

全国150ヶ所以上の地域で、高知のよさこい祭りはアレンジされ、北海道札幌市の 「YOSAKOIソーラン祭り」に代表されるように地域活性化の祭りとして開催されています。
2006年のよさこい祭りの経済波及効果は78億9,100万円
高知県の最も重要な観光資源であるとともに、南国土佐を代表する県下最大のイベントです。
よさこい祭振興会販売グッズ

第54回よさこい祭り総集編

第54回よさこい祭りのDVD、VHS販売中

【第54回よさこい祭り総集編】
 出場チーム収録
 160分/VHS・DVD
 4,200円 (税込)

【第54回よさこい祭り受賞編】
  前夜祭受賞チーム、本祭受賞チーム収録
 100分/VHS・DVD
 4,200円 (税込)

よさこい読本・音楽CD・踊り方のDVD、VHSも販売中
よさこいグッズ販売の詳しくはこちらから>>

【よさこい祭振興会 事務局】
住所 〒780-0870 
高知市本町1-6-24 高知商工会議所
電話番号 088-875-1178
FAX 088-873-0572
メールアドレス yosakoi@cciweb.or.jp