和牛屋敷せんりや本店

大阪府豊中市にて営業。個室で落ち着ける空間に、最高の品とサービスでおもてなし。
姉妹店が精肉店であることの商品力を背景に、こだわりの和牛をより安心価格で提供。

郊外立地にもかかわらず、客足が途切れない人気焼肉店だ。

せんりやホームページ
http://r.gnavi.co.jp/k505500/

携帯メール販促システムを利用し、通常のお客様への還元としての携帯ポイント、即効性の販促策としての携帯メール配信で結果を出しながら、お店の接客サービスの向上に携帯メール販促システムを活用している。その利用法の一部を紹介する。

ポイント機能でお客様の携帯電話がポイントカードに

空メールからアンケートに答えて会員登録、メール会員に入会すると、お食事毎にポイントが加算されるようになる。メール会員になることによって、お客様はカード要らずのポイントシステムという便利でお得なサービスを受けることができる

ポイントの加算はお買い上げ時に会員番号(携帯電話番号の下四桁)とお名前をお聞きし、その番号で顧客名簿を検索。検索された一覧の中からお客様名を探し、ご飲食金額を打ち込むことで行う。

入会時に取得する「会員登録アンケート」にてお客様の”携帯電話番号”と”名前”を登録していただき、番号の下四桁を会員番号として利用している。
独自の番号を利用するとお客様が思い出せなかったり、ご自身の番号を調べるのに苦労したりするのを回避するアイデアだ。(さすがにレジが混雑する際は専用のノートを利用会員番号・お名前・ご飲食金額を記録しておき、閉店後にまとめて入力しているという)

ポイント登録のあったお客様(=ご来店・ご飲食いただいたお客様)には翌日「来店お礼メール」が自動的に送信される設定になっており、ご来店いただいたお客様に確実に感謝の気持ちを伝えることができている。

会員管理の仕組み
ちゃんとした計画と即効性が成功の秘訣

メール配信も具体的な計画にそって、月に2回程度配信しているが、「一番の魅力は即効性」であると担当者の小沢ホールマネージャーは言う。「今日はヒマだったな・・・という日の閉店後にメールを企画し翌日送信できて、その日に効果が出るのは携帯メール配信だけ」(小沢マネージャー)ベースの販促計画をきちんと立てながら、その計画にとらわれない行動を起こせることがせんりやの携帯メール販促成功の秘訣だろう。

成功に胡坐をかかず常に挑戦する

肝心の効果だが、「本当にメールの内容によって効果が全然違う」(小沢ホールマネージャー) 効果のあるメール内容の場合はそのメールにより15組程度のご来店が3〜4日続くという。しかし、「全然ダメな時は全然です」ということもあるようだ。


店内写真

これは一度の成功に胡坐をかかず、常に様々な携帯メール企画を試験しその効果を検証しているから言える言葉だ。例えば、せんりやでは、中高年の男性向けに「ホワイトデーのお返しとしての焼肉」メールで提案したり、魅力的なメニューのどちらか一方だけが無料で食べられる「どっちの料理メール」を送信したりして常に新しい方法と効果検証を行っている。

メールのおかげでお客様により近づける

せんりやの人気の秘密には「商品力」ともう一つ、高いレベルの「おもてなし」接客サービスがある。
携帯メール販促システムは手軽さと効率性、そして即効性が利点なのだが、せんりやはお客様への「おもてなし」に携帯メール販促を利用している。


お客様ノート

相反するような両者の関係だが、「携帯メール特典を利用される際のご質問から会話が広がる」「携帯ポイント加算時にお名前をお聞きするので次回から『お客様』ではなく、『○○様』とお呼びできる」(小沢ホールマネージャー)しっかり携帯メール販促システムの利点を理解し、さらにその運用で自社の強みをさらに強化するのに利用しているのだ。
(写真=せんりやお客様ノート お客様の情報が細かくびっしり書き込まれている)

今後はメール会員ならではのお得を提供できたら

せんりや 小沢ホールマネージャー
現在、当店ではいろいろな方法で販促を行っていますが、販促内容をなかなか個別に設定できていません。「やっぱりメール会員でよかったわ!」とお客様に言っていただけるような、メール会員独自のサービスをどんどん企画して実行していきたいと思っています。

本記事のご執筆

有限会社リウム   http://keitaihansoku.com/

「お店の一番近くにいる問題解決企業」を目指す、コンサル+システム集団。
お店の問題点を調査・分析する「繁盛店コンサルティング」の具体的問題解決手段として自社開発のシステムを提供、運用までサポート。

<事業内容>
・携帯販促システムNerve(ナーブ)
・ホームページ作成更新システムsite CLUTCH(サイトクラッチ)
・上記システムの開発・運営・および運用コンサルティング
・店舗(飲食店・スーパー・エステサロン等)の経営相談・顧問