ホーム > オフィス・店舗・設備 > OA機器を導入したい
- オフィス・店舗・設備 -
OA機器を導入したい

オフィスのOA機器導入に際しては、同じ性能ならより安価なものを、と考えがちですが、OA機器は業務の生産性に関わる設備ですので、購入費用やランニングコストだけでなく、自社の利用状況に応じた必要な機能や性能であるかなど、十分検討する必要があります。



設備売却/廃棄

遊休設備の明確化ができたら、それぞれの設備に関して、処分の方針を決めます。まずは設備を、稼働率の向上が可能なもの、転用が可能なもの、設備の改造により利用可能なもの、売却が可能なもの、設備廃棄が可能なものに分けます。改造または転用可能な設備は残し、売却をした方が有利な設備、廃棄が妥当な設備を決定していきます。大切な資金を利用して導入した設備は、効率良く活用することをおすすめします。

購入(借り入れ)

新規設備の購入に際しては、多額の資金が必要になることから、借入を検討される方も多いことでしょう。融資を行っているのは、銀行など民間金融機関をはじめ、政府系金融機関、ノンバンクなどがあります。また、信用保証付きの融資を活用する方法もあります。各社・各団体とも金利や借入条件が異なりますので、十分検討する必要があります。特に、政府系金融機関では生産設備やIT設備に関して特別融資を行っている所もありますので、導入設備に応じて検討されることをおすすめします。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
三井住友銀行なら、グループ企業の商品も充実。総合的に中小企業のみなさまの経営をサポートします。
みずほ銀行では、ご融資ほか各種商品をご用意して、法人のお客さまの資金調達ニーズにこたえています。
三菱東京UFJ銀行では、法人の皆さまのご資金ニーズに力強くお応えしてまいります。
リース

リースのメリットは、購入費用の現金が必要ない、資産管理や減価償却などの手間が無く、定額のリース料を変動費として計上するだけで済む、設備の使用予定期間にあわせてリース期間を設定することができ、陳腐化にも弾力的に対応できるなどがあります。リース会社により取扱品目や料率が異なりますので、各社比較し十分検討する必要があります。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
お客様のさまざまなニーズに対し幅広い金融機能の中から課題解決のための最適な金融サービスを提供します。
銀行系・商社系・メーカー系それぞれのノウハウと強味を併せ持つ総合リース会社として、お客様の多様なニーズにお応えしております。
アウトソーシング

新規に設備を購入しなくとも、その業務や製造が外注で対応できないかどうかを検討してみることも重要です。多額の設備購入費用や、維持費、固定人件費などを負担せずに、変動費で管理することができます。製造の一端を担う業務の場合には、強力なパートナーシップを築くことのできる会社を選定する必要があります。

立地診断

立地診断とは、商圏が商売とマッチしているかどうか、外部環境のデータを基に売上予測をすることです。この予測結果を見て出店を判断します。外部環境のデータとは、自動車の交通量や昼間人口・夜間人口、居住世帯数や年齢構成などのデータで、年々変化するものです。このデータは販売されていますが、大変高価で更新も必要ですので、立地診断サービス会社を活用するのが効率的です。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
Web対応エリアマーケティング地理情報システム「inetMAP」
汎用性・拡張性に富んだオールインワン地理情報システム[SIS]
アウトソーシングの活用

立地診断だけでなく、それを元にした立地開発も実施している会社があります。主には不動産会社で、大手の場合は全国を網羅し、中堅の場合は特定地域に特化して立地の発掘と診断を行い提案してくれます。料金は完全成功報酬型や月額固定と成功報酬型を組み合わせた物などがあります。こうした企業に依頼する場合は、小売りや飲食など得意な分野、過去の実績を確認し、自社の業態とマッチする企業を選択する必要があります。

マーケティング

まずは、現状の問題点と改善された後のイメージを明確にすることが大切です。お客様に伝えたいと思っているコンセプトが伝わっているか、間違って伝わっていないか、アンケートなどを使い確認します。また、コンセプトも時流をふまえ変更を検討します。マーケティング会社では調査だけでなく、調査結果に基づくデザイン案の作成まで行う会社もありますので、必要に応じ活用することが可能です。

アウトソーシング

デザインは「見た目」だけでなく、「機能面」つまり使い勝手も重要です。オペレーションの問題点も洗い出し、デザインやレイアウトを変えることで効率を高めることができます。デザイン会社の中には、内外装のデザインだけでなく、オペレーションに詳しい会社や、飲食業や小売業など業種に特化した会社がありますので、自社のニーズにあったデザイン会社を選択することが大切です。

立地診断

立地診断とは、商圏が商売とマッチしているかどうか、外部環境のデータを基に売上予測をすることです。この予測結果を見て出店を判断します。外部環境のデータとは、自動車の交通量や昼間人口・夜間人口、居住世帯数や年齢構成などのデータで、年々変化するものです。このデータは販売されていますが、大変高価で更新も必要ですので、立地診断サービス会社を活用するのが効率的です。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
、汎用性・拡張性に富んだオールインワン地理情報システム[SIS]
Web対応エリアマーケティング地理情報システム「inetMAP」
アウトソーシング

店舗を移転する際には、関連する業務がたくさんあります。立地探しから引っ越し作業はもちろん、移転案内の作成と発送、仕入れ業者への連絡など様々です。自社ですべてを行うには人手がかかり、営業に支障が出ますので、外注業者を活用することをお薦めします。特に引っ越し作業に関しては、自店で使用している機材・什器により、引っ越し後に組み立てや設置・点検が必要になるものがありますので、充分把握し業者を選定する必要があります。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
総合不動産流通企業ならではのトータルサービスで法人のお客さま のご要望・ご期待にお応えします。
「アートのおまかせオフィスパック」提供
「らくらくオフィス移転」サービス提供