ホーム > 国際化・海外進出 > 海外へ工場を移転したい
- 国際化・海外進出 -
海外へ工場を移転したい

以前より、国内工場が海外へ移転し、海外生産をする例が多数存在しています。これにはさまざまな理由が考えられますが、一般的には、「安価な労働力を手に入れて、コストを削減する」、「新規の市場開拓がしやすくなる」というのがその主な理由といえるでしょう。しかし、安易な移転が撤退を招いているのも事実としてありますので、十分な検討が必要です。



専門家活用

海外進出する際には、関係する法律的、財務的な事前調査が非常に重要です。しかし、実際には言葉や文化の違い、現地での会計報告、貿易会計、税金申告、海外における許認可、工場の発注、現地工場の従業員の採用など、難しい問題は山のようにあります。こうした問題は、コンサルタント、市場調査会社、商社、金融機関、通訳業者、貿易会社、貿易支援機構、運輸会社など、専門知識をもった、それぞれのスペシャリストに相談するのが成功の近道です。できるだけ一社単独でなく、複数の企業に協力してもらうとリスク分散につながります。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
海外進出を予定しているお客さまをサポートします。
コンサルティングをはじめ、調査研究、研修・人材育成および経営情報提供・相談などの広範な活動を実施
海外進出で必要とされる情報の提供、留意点の確認から進出の形態、F/S作りまで必要となるコンサルティングを行います