ホーム > 国際化・海外進出 > 海外から商品を仕入れたい
- 国際化・海外進出 -
海外から商品を仕入れたい

海外から商品を仕入れる際には、検討事項がたくさんあります。通常の国内の仕入れと特に異なる点は、輸入制限があるか、その商品が日本で販売できるかなどの規制や法律の問題をクリアすることです。また、日本の消費者ニーズに応える物かどうか吟味する必要があります。



専門家活用

海外から商品を仕入れる場合に、是非、活用して頂きたいのが、貿易支援機構や輸入振興会です。海外商品の展示会や見本市などを開催しており、商品や仕入れ先を探すことができます。また、制度や規格、手続きに関する情報を出していたり、相談に応じている所もありますので、検討する際には活用をおすすめします。

アウトソーシング

販売したい商品と取引先が決まったとして、その商品で採算が取れるかどうかを考えることが最も大切なことです。輸入には仕入れ原価のほかに、諸掛(輸送費、保険料、通関料、関税など)やビジネスを行うための様々な経費、輸入の際の検査や登録などにかかる時間や費用もあります。それらの経費と利益を上乗せした金額が商品の定価になるのです。そのうえで、その商品が売れるかどうか、再度見直す必要があります。また、貿易には様々な実務がともないます。実際の貿易の手順などについては、貿易支援機構や貿易代行会社などに相談したり、自社では困難な場合は業務委託するなどを検討しましょう。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
貿易実務の代行サービス。グローバルビジネスをサポート。