ホーム > 人材・社員・経営者 > 後継者を育成したい
- 人材・社員・経営者 -
後継者を育成したい

後継者の育成には、まず後継者候補を決定し、どのようなプロセスを踏むのか検討しなくてはなりません。一般に後継者育成には5年〜10年かかると言われていますので、計画的・戦略的に育成していく必要があります。



後継者の採用

後継者候補がいない場合、外部より採用しなくてはなりません。採用広告を出し、一般公募する方法もありますが、豊富な経験や能力を有する優秀な人材を採用するためには、人材紹介会社やヘッドハンティング会社などを活用するのが効率的です。経営者の採用には時間がかかることが予想されますので、計画的に実施する必要があります。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
ジュニアクラスからエグゼクティブまで、 即戦力として相応しい正社員を成功報酬にてご紹介
プロッフェショナル人材やハイポテンシャルな人材に特化した人材会社
エグゼクティブからシニアクラスまでのマネージャー候補以上の人材を対象としたエージェント
育成機関活用

後継者候補を育てるためには、専門の教育機関を利用するのも有効な手段です。例えば、公的な機関としては、全国に設置された中小企業大学校があります。特に東京校と関西校に設置された「経営後継者コース」では、少人数のゼミナール制できめ細かな指導が受けらます。  また、経営大学院(ビジネススクール)でも高度な専門知識を受けられるほか、民間の教育事業会社でも経営者向けのセミナーをはじめ、後継者育成にテーマを絞った研修プログラムなど、様々なサービスを積極的に展開しています。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
中小企業の“人づくり”のため、中小企業支援担当者等に対する研修と、中小企業の経営者・管理者等に対する高度で専門的な研修を実施