ホーム > 人材・社員・経営者 > ストックオプション制度を導入したい
- 人材・社員・経営者 -
ストックオプション制度を導入したい

ストックオプションとは、自社の株式を一定の価格で買い取ることのできる権利のことをいい、初めから株式を保有するのではなく、株式を買い取る権利を役員及び従業員が保有する制度です。 将来会社が成長し株価が上昇した際に、利益を得ることができるため、有能な人材の確保、役員の経営努力や従業員の勤労意欲の向上を促進することにも有効とされています。



専門家活用

ストックオプション導入に際しては、株式公開へ向けての綿密な経営計画や資金調達計画を立てる必要があり、ストックオプション契約書・取締役会議事録・株主総会議事録・新株予約権申込書・新株予約権証券・新株予約権原簿等の様々な法律書類を用意する必要があります。また、税制や証券取引法などにも関連し、専門知識を必要としますので、会計士や弁護士など専門家や証券会社に確認し確実に進めることをおすすめします。

解決策提供企業
企業名 解決策紹介コメント
ストックオプション管理システム「For-ONE plus」を提供
松井証券のストックオプション口座を利用すれば、役職員の皆様は不要なコストをかけずにストックオプションの恩恵を享受できます。
ストックオプション導入のためのアドバイザリーサービス