フォトフェイシャル(光治療)ってレーザー、似ているけど実際はどう違うの?多くの人が抱くそんな疑問を解決すべく、このページでは治療方法の違いについてご紹介しています。

光治療とレーザー治療の違い

フォトフェイシャルの光治療とレーザー治療とでは、「光」の種類が異なります。

レーザーは、単一の波長の光を肌トラブルが生じている箇所にピンポイントで当てるため、レーザーを使い分ける高度な技術が必要に。一方で、フォトフェイシャルで使用する光は、幅のある波長が複数に重なり合っているため、肌トラブルを改善するだけでなく、シミ・しわ・たるみなど、複数の症状に効果的。

レーザーは、シミなどをピンポイントで除去していきますが、フォトフェイシャルは、肌の奥の細胞を活性化させ、コラーゲンの再生を促進し、肌全体の若返りを可能とします。

光治療のメリット・デメリット

光治療のメリットは、複数の症状に効果があるという点です。レーザーとは違い、肌の奥に潜む細胞を活性化させ、コラーゲンの再生を促すため、シミ・しわが消えるだけでなく、キメ細やかな肌を手に入れられます。また、フォトフェイシャルはレーザーのように表面を傷つけることもないので、施術後の肌トラブルもあまり起きません。しばらくの間、顔にガーゼを貼る必要もないので、周囲の目を気にすることなく、治療に専念していただけます。

治療後すぐに、洗顔やメイクができるのもフォトフェイシャルのメリットです。時短に済ませられるフォトフェイシャルは、大忙しな現代女性にとってふさわしい治療法といえるでしょう。

デメリットとしては、光線過敏症・アトピー性皮膚炎など持病がある方は治療を受けられない可能性が。また、治療時間は短いですが、複数回に分けて治療していくため、一定期間の通院は要します。施術後、すべての人に同様の効果があるとは言い難いですが、不安であればカウンセリング時に確認しておきましょう。

レーザー治療のメリット・デメリット

レーザー治療のメリットは、「即効性」があるという点です。肌トラブルを起こしている箇所にピンポイントで照射するため、効果が早く表れます。1回の施術でも十分に効果が分かるほどなので、フォトフェイシャルのように何回も治療を受ける必要がありません。治療回数を抑えられるということは、それだけ費用も安くなるということ。高い費用を払わなくても、気になっていたシミが消せるとなると、お得な話に思えますよね。治療時間も大体10分程度とスピーディー。一方で、治療後に傷跡が目立ってしまうというデメリットもあります。

ほとんどの場合、1週間ほどでなくなりますが、完治するまでに、周りの視線が気になってしまう、あるいは不安になってしまうというのであれば、治療後の負担を軽減できるフォトフェイシャルの方がおススメかもしれません。

口コミ・評判がいいクリニックは?

大阪ワイエス美容外科クリニック

しわ しみ そばかす たるみ ニキビ跡 毛穴開き 美肌
大阪ワイエス美容外科クリニック HP画像
女性のココロに寄り添うフォトフェイシャルクリニック
大阪ワイエス美容外科クリニックでは、患者ひとりひとりに専属のスタッフがつき、最初から最後までエスコートしてくれます。カウンセリングや施術をゆったりと受けてもらえるように、院内は、清潔さと明るさを重視したデザインに。ラグジュアリーな空間の中で、自分磨きに集中できます。クリニックには、実績と経験を積んだ「美」のプロフェッショナルが多数在籍。安心て任せられるドクターが高品質な治療を行います。
料金:40,000円(税抜)~
おすすめポイント
1. 患者との「信頼関係」を重視するクリニック
2. 土日も診療、仕事帰りに寄れるアクセスの良さ
3. ネット限定キャンペーンがお得!?