ニュースリリース&プレスリリースガイド

ニュースリリース、プレスリリースとは?

ニュースリリース、プレスリリースは、作り方が悪いため、素晴らしいリ内容でも取りあげられない事が数多くあります。このサイトでは、効果的なリリースの原稿の書き方、配信のノウハウをご紹介します。効果的なニュースになるプレスリリースの配信で広報力UP!

ニュースリリース、プレスリリースの現状

リリースは誰が受け取るのか?

新聞社、雑誌社、テレビ局など報道機関の記者は、毎日何100通を受け取ります。記者はその中から、ニュース性のあるものを選び、連絡を取り取材をし記事として、媒体に掲載されます。


インターネットが普及して、大きなニュースも小さなニュースも配信、受が可能な時代に。

ニュースリリースとプレスリリースの違い

これまで企業のニュースの配信は、主に大手報道機関に向けたもので「プレスリリース」と呼ばれていました。そこで扱われるのは主に大きなニュースだけでした。

インターネットが普及して、大きなニュースも小さなニュースも配信、受信ができ、、直接、そのニュースを必要とする人々に届けられるようになってきました。 小さいニュースでも、業界にとっては、大きな意味がある場合もあります。ネットであればそういう人たちに、情報を届けることが可能です。

広告とニュース&プレスリリースの違い

広 告とは、料金を支払い広告主が宣伝のためにあらかじめ作成したコンテンツを通じて情報を宣伝する、という形態の告知方法です。ニュース&プレスリリースの 配信は、報道機関の記者の目にとまり、記事として掲載されば、無料で、新聞、雑誌、テレビなどのマスコミに取りられます。

ニュースリリース、プレスリリース配信の流れ

ニュース&プレスリリースを配信するタイミング

ニュースリリース、プレスリリースを配信するタイミングは以下の時。数日前が一般的。

  • 新製品や新しいサービスの発表
  • 調査結果の発表
  • イベント、展示会の告知
  • 既存のサービスの拡張
  • 新会社設立
  • 業績の発表
  • 人事発表

プレスリリース(ニュースリリース)の書き方

ヘッダー

リリースの左上に「報道関係者 各位」と「プレスリリース」を記入し、プレスリリースで明確に表記します。 また、リリースを配信する日時を記載します。リリースが新鮮なものであることを判りやすくします。

タイトルとサブタイトル

リリースのタイトルを記載します。ここ最も重要な部分です。「商品名やサービス名、会社名など」+「何をどうするものなのか」を単純明快に記述します。 この部分にサブタイトルを入れ、メインタイトルの補足的な説明を行うことも効果的です。

リリース本文の冒頭

冒頭の1行は非常に重要です。5W1H(誰が、いつ、どこで、なぜ、どのように)を網羅して、1行でプレスの内容を簡潔に説明してみましょう。 多くの読者がここまでは、読んでくれるところです。

リリース本文の内容

重 要度順に3つ程度のポイントに絞りましょう。読者の印象に残るのは最初の1つないし2つ程度です。重要ポイントでのみ記憶に残ります。インターネット媒体 では、この時点でユーザーが続きを読む気を失っている場合があるため、出来るだけ早めに文章中にURLを記述して誘導するのも得策です。

プレス向けに要約した文章を記述する。

メディアの記者が記事にすることを意識して、簡潔に3〜4行程度で概要をまとめておきます。あまり広告的な過大な表現は避けましょう。このプレスリリースを既に自社サイト内にも掲載している場合はそのURLも記述します。

お問い合わせ窓口を記述

問い合わせ先を明記することで興味を持った記者が連絡を取りやすくなります。

最後に会社概要を記述

会社概要を明記することで認知度アップにつながります。

リリースの配信枚数

メディアの記者は毎日膨大のリリースに目を通しています。掲載されるようにするためには、簡潔に、A4用紙に換算して1〜2枚程度がよいでしょう。

イラスト

リリーステンプレート(無料)

でリリース内容や、業界別、のテンプレートが、ワード形式でダウンロードや、ウェブ上で作成できるツールもある。

ニュース&プレスリリースの配信方法

ニュースリリース、プレスプレスリリースの配信手段

  • メール配信・・・・早く届けることができる。 無し(要:ネット環境)
  • FAX配信 ・・・・メールよりも露出が高い。 10円前後
  • 郵送 ・・・・大手新聞社では郵送のみの受付が多い。 80〜120円

ニュースリリース、プレスリリースの配信媒体

  • テレビ局 ・・・・キー局、地方局、番組制作代理店 等
  • 新聞社・・・・全国紙、地方紙、業界紙、スポーツ紙 等
  • インターネット配信会社 ・・・・ポータルサイト、コミニティサイト 等
  • 出版社 ・・・・情報誌、専門誌各部署等
  • ラジオ局 ・・・・キー局、
  • 地方局 フリーペーパー・・・・出版社 等 タウン誌

ニュース&プレスリリースの配信代行会社とは

御社のプレスリリースを1,600 以上もの国内主要媒体の中から最適な媒体を選択して、ファックス・メールにて代行配信するサービスです。

プレスリリースの無料登録サイト(ポータルサイト)

無料で企業へ配信、運営会社のリリースポータルサイトへの掲載が可能。

リリース原稿
テンプレート、例文

リリース内容、配信日、企業名等をナビゲーションに従って入れると、ウェブ上に自動で原稿が作成される。コピーして利用できる。

Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)のWordでダウンロードができる。

ニュース、プレスリリースの
掲載サイト、検索サイト

最新ニュースはプレスリリース検索サイトでチェック!

企業から投稿のあったプレスリリースの他、インターネット上で紹介されているプレスリリースを掲載している。

健康・美容業界の最新ニュース、プレスリリース。


無料プレスリリース
登録フォーム

無料対象:起業5年以内の企業/学校法人/個人(非営利目的記事投稿)/NPO等、その他の非営利団体

健康美容業界の B to B サイト

無料で登録企業や、会員に配信される。サイトでも掲載される。

プレスリリース
配信代行会社

登録されているメディアはWeb・雑誌・新聞・通信社・TV・ラジオetc、すべて合わせて2,000以上。 業界トップクラスの圧倒的な登録メディア数を誇る。

ITを使ったネットPR支援企業。全ての企業が、自社のPRを効率よく行う環境を作り出すことをミッションとしている。

テレビ番組直接リーチ型のプレスリリース配信代行サービス

プレスリリースの内容に合うカテゴリーのメディア選択が重要です。