お好み焼、もんじゃ焼などの飲食業
さくら亭

秦昇司さん  

1996年開業。JR原宿駅から徒歩8分のところにあり、一軒家を改装した隠れ家のような店内が人気。サイトの開設は2000年10月。秦さんが入社し、05年3月、サイトを完全リニューアル。


毎月10品新メニュー提供を打ち出し、サイトを活性化!

「『毎月10品、新メニューが登場』というイベント的な企画をしようと考えたんです。それまでは、あまり新商品の提供はしてこなかったのですが、これを実現できれば、サイトは活気に満ちて、お客様の多くが頻繁にアクセスし、来店してくれると思った」

なぜ、10品だったのか?「1、2品ではインパクトがないじゃないですか。それに、好き嫌いもありますし。10品揃えれば、お客様の選択肢も増え、満足を得られると考えたんです」

とはいえ、このアイデアを実現するには、実際に店側の協力が不可欠だ。秦さんは、店長(中原祥晶さん)に相談を持ちかける。すると……。
「店長には『やる以上、思い切ってやったほうがいい』と快諾していただきました」



中原さんは、こう話す。
「最初はメニュー作りに四苦八苦しましたね(笑)。でも、今では、店員からもアイデアが出るようになって、けっこう楽しんで新商品の開発に取り組んでいますよ」

修学旅行生の呼び込みなど新顧客獲得も目指す!

クーポンや予約などのサービスも付いた新サイトが完成したのは、05年3月。秦さんは、満を持して、オーバーチュア<e-word等にリンクしてはどうでしょう>などの検索連動型広告の活用をスタート。すると……。
その月の売り上げが、前年同月比20%増を記録したのだ。

中原さんは「最初、サイトでの集客に半信半疑な部分もありましたが、その結果を見たときには『ネットは強力な武器になるな』と確信しました」と語る。

秦さんの集客アイデアは、これだけにとどまらない。新たな客層の発掘にも乗り出した。その際たるものが「修学旅行生の獲得」だ。
「東京に来る修学旅行の定番といえば『原宿観光』と『月島のもんじゃ焼き』なんです。でも、学校側(先生)にしたら、原宿でもんじゃ焼も食べることができれば、一石二鳥じゃないですか。しかも、当店は2階もあり、そこでは100人規模を収容することができます。そこに目をつけたんです」



秦さんは、サイト上に、修学旅行生向けのコンテンツを盛り込み、検索エンジン対策も強化。その結果、「修学旅行+もんじゃ焼き」で検索すると、同店は上位表示されるようになり、店の売り上げアップに大きく貢献するようになった。



グルメポータルサイトなども活用し、さらなる成長を図る

ところで「さくら亭」では、自社サイト以外にも、大きく活用している集客ツールがある。それは、『ぐるなび』や『グルメWalker』などのグルメポータルサイトや『ホットペッパー』などのフリーペーパーである。
「ネット経由のお客様のうち、約半分はグルメポータルサイトで探して来店されていますね。それだけに、こうしたポータルサイトで“目立つ”ことも、すごく大切だなと思っています」

最近、増えているのが携帯サイトの利用者だ。同店では、携帯向けサイトも立ち上げており、PCサイトにQRコードを掲載するなどして、お客さんの利用促進を図っている。
「実は、携帯サイト限定のクーポンがあるんですよ。PCとモバイル両方のメールマガジンも発行していますが、最近は携帯のメルマガ利用者の増加率が目立っています」

現在、まさに“繁盛店”の仲間入りを果たした「さくら亭」。今後は、どのようなサイト戦略を図っていくのか。
「常に斬新なことをやっていきたいですね。サイトについても、現状に満足せずに、どんどん進化させていきたい――、そう考えています」


「さくら亭」の成功法則
(1)中身のある企画でサイトの更新頻度を高めた
(2)新しい顧客層の発掘に力を入れた
(3)グルメポータルサイトなども徹底活用